コミュニケーション専攻の特色

コミュニケーションに関連する「メディアコミュニケーション」「情報デザイン」「多文化コミュニケーション」の3つの領域を横断的に学び、多様化する社会で必要とされるグローバルで多角的なコミュニケーション力の育成を目指します。

コミュニケーション専攻の特徴

メディア

マスメディア、インターネットなど、メディアコミュニケーションを学び、メディアを駆使し積極的に情報を発信し、メディア分野で活躍できる人材を目指します

情報デザイン

Webデザインやユニバーサルデザインなど、現代の情報技術社会をデザインする方法を学び、世の中のモノゴトをユーザ中心に改革できる人材を目指します

多文化

文化、こころ、ことば、さらには人間関係の作り方など、異なる背景をもつ他者とのコミュニケーションを学び、多文化共生社会の実現に向け、活躍できる人材を目指します

人と社会をつなぐコミュニケーションを探求

人と社会をつなぐコミュニケーションを探求

メディアコミュニケーション、情報デザイン、多文化コミュニケーションの3つを柱として、人と社会をつなぐコミュニケーションを探求していきます。

情報・コミュニケーション技術の発展とグローバル化により、現代社会はますます多様化しています。

メディアの影響、ICTとデザイン思考、ダイバーシティの理解、多文化コミュニケーションとしての日本語教育など、コミュニケーションを多角的に学び、多文化・メディア・情報社会で生きるための知識を身につけます。

そして、主体的学びを通して科学的にデータを読み解く分析力、多様な情報メディアを駆使した情報発信力、クリエイティビティを高め、グローバル社会で生きるための多角的なコミュニケーション力を養います。

人と社会を結ぶコミュニケーションを多角的に捉える

人と社会を結ぶコミュニケーションを多角的に捉える
  • メディア・広告の社会的影響
  • ことばと文化
  • 文化とコミュニケーションのかかわり
  • より良い情報デザインとインターネットの利用

など、研究対象は多岐に渡ります。

こうした学びを通して、変動する多文化・メディア・情報社会において、情報発信力を高め、デザイン思考で社会問題を解決し、提案していく力を身につけます。

コミュニケーションの研究方法を実践的に学ぶ

コミュニケーションの研究方法を実践的に学ぶ

メディアコミュニケーション、情報デザイン、多文化コミュニケーションの領域におけるコミュニケーションの幅広い問題を、科学的に分析していきます。

質問紙調査、実験、内容分析、質的研究など、量的・質的データに基づく実証的研究法を、実習を多く取り入れた実践的なカリキュラムでしっかりと学びます。

TOP