コミュニケーション専攻の学生

コミュニケーション専攻の学生を紹介します。
学生にアンケート調査とインタビューを行い、一日のスケジュールやコミュニケーション専攻を選んだ理由などを調査しました!コミュニケーション専攻にはどんな学生がいるのかを知ることができます。

コミュニケにはどんな学生が多い?

コミュニケにはどんな学生が多い?

①明るい子が多い!

授業でディスカッションをすることが多いコミュニケーション専攻には、明るい子が多い印象があります。そうした活動を振り返ると、フレンドリーな子も多い印象です。

②積極的な子が多い!

上記の通りディスカッションやグループワークが兎に角沢山あるため、能動的に授業に参加する学生が多い印象があります。積極的に発言することが苦手でも、幾つもこなしていくうちにすぐに慣れますよ。

③芯が通っている

コミュニケーション専攻の学生は、自分の意見をしっかり持っていて、芯が通っている素敵な女性が多いです。更に対人関係は穏やかな子が多いため、お互いを尊重しつつ良い距離感で切磋琢磨出来る環境です。

インタビュー結果

一日のスケジュール

午前 午後 放課後
3年生
の平日
授業 授業 サークル
3年生
の休日
アルバイト or 遊び
4年生
の平日
課題・卒論 買い物・授業 自由

私のスケジューリングポイント

3年生のAさん

 授業はもちろん、サークルやアルバイト、遊びも楽しんでいたAさん。平日と休日をしっ かり分けることで、上手にスケジュールを管理している様子でした!

4年生のBさん

 4年生のため、授業がほとんど入っていないBさん。課題や卒論に取り組みつつも、自由な時間が多い分、ゲームなど自分の好きなことに時間を使っている様子でした!

憧れの人

コミュニケーション専攻の先輩たちに、憧れの人を聞いてみました。

〇ジャニーズWESTさん

<理由>
いつも笑顔で仕事をしていて、仕事の面でとても尊敬している。

〇辻愛沙子さん

<理由>
クリエイティブ界隈で活躍している方で、楽しいものをつくるだけでなく、社会課題に繋がるものをつくっているところにあこがれる。

専攻を選んだ理由

コミュニケーション専攻の先輩たちに、コミュニケーション専攻を選んだ理由を聞いてみました。

Aさんの場合

高校三年生の受験期にやりたいことがなかったが、コミュニケーション専攻は何でもできるというのを聞いてここに入ろうと決めた。

Bさんの場合

広告に関心があり、広告系に進みたいと思っていて、コミュニケーション専攻なら学べると思ったから。また、情報デザインなどのデザインについても学びたいと思って選んだ。

Cさんの場合

元々テレビ業界や広告代理店などのメディア業界に興味があり、メディアについて学ぶことのできるコミュニケーション専攻を選んだ。

最近関心のあること

コミュニケーション専攻の先輩たちは、どのようなことに関心があるのでしょうか??

環境について

就職活動をしているときに環境について興味を持ち始めた。SDGsとか地球温暖化などについて知っていきたい。

就職活動について

メディア業界にはどのような企業があるのか、インターンはいつ開催されるのかについて知りたいと思い、調べ始めている。

仕事について

国際交流センターで日本語サポーターをしていて、日本語を使って勉強会をしているのだが韓国語の勉強をしていることもあり、海外の大学のことを知れるのが楽しい。

写真を撮ること

季節の写真を撮ることが特に好きで、写真を撮られるのも好き。

授業の一番の思い出

UD

Aさん

UD(ユニバーサルデザイン)の授業で、脳性麻痺の方のお話を聞いたことが特に印象に残っています。実際にお会いして話を聞いたことで、これまであった先入観が消え、理解が深まりました。その方が、病気を抱えながらも様々なことに挑戦する姿に刺激を受け、最終課題では脳性麻痺の方が使いやすい財布をデザインしました。

Webプログラミング

Bさん

Webプログラミングの授業を受講したこ とが思い出深いです。この授業では、実践的なスキルを身に着けることができ、楽しかったです。最初はサボろうかと思っていたくらい大変な授業でしたが、最終的にAという評価をもらえてうれしかったことを覚えています。

渡辺ゼミ4年生に聞いた!ゼミ自慢

情報デザイン分野を扱うゼミである、渡辺ゼミの4年生に、 その魅力を伺いました。

ポイント① 手を動かせる

やっていることが頭に入りやすく、このために東女に入ったと実感できた。

ポイント② ゼミ生の魅力

ゼミの子がしっかりしていて刺激になる。面白くて優しくて、やるときはしっかりやるという子が多い。

ポイント③ ゼミのスタイル

皆で協力し合えるところやそういう体制が整っているところに魅力がある。

TOP