制作者の編集後記

受験生の方に、東京女子大学、そしてコミュニケーション専攻の良さを知ってほしい。
授業で習ったことを実践の場で試してみたい。
そんな情熱を原動力に、初めてのウェブ制作に挑んだ学生有志の奮闘ぶりを編集後記より感じて頂けると嬉しいです。

special-top06.jpg
special-top07.jpg

適性診断 制作チーム

松田 光央
新専攻サイトの作成に携わってみて、私が普段何気なく見ているサイトもいろいろな工夫がされ時間がかけられて作られているということが身をもって感じることができました。 インタビューでは適性診断のことだけでなく、自分のためにもなるお話を伺うことができたりと、普段はなかなか先生方とお話する機会がなかったのでとても貴重な体験をすることができました。 私は少ししか役に立てていないと思いますが、新しい出会いもあり、新専攻サイトの作成に携われて本当に良かったです。

坂本 千尋
今回新専攻サイトの作成に携わらせていただき、改めてコミュニケーション専攻での学びを大切にしたいと思いました。 自分が作成に関わった適性診断作成時には各領域でどのような学びができるのか、そして可能性が広げられるのかということを知ることができました。 受験生に各領域を知ってもらうために作ったものが自分のためにもなり、作成に関与してよかったと思います。 そしてホームページを作るのにどれだけ多くの人が関与しているのかも身をもって知りました。 めったにない機会に参加できたことが今後の自分の糧になったと思います。大変な面もありましたが楽しかったです。

二戸 菜々絵
受験生にとって、大学は憧れであり未知の世界であると思います。 これらのページを通して、東京女子大学の良さが少しずつでも受験生に伝わり、大切な進路を決めることの手助けができていたら嬉しいです。 また、制作は私自身も手探りでしたが、仲間と協力し、最後に何とか形にできました。 この機会を与えてくださった渡辺先生をはじめとする皆様に感謝を伝えたいです。ありがとうございました。

学年別一日の過ごし方 制作チーム

伊藤 有里
今回、この新専攻サイトの制作にあたって、自分たちで企画を考え、アポを取り、インタビューをし、形にする、といったプロセスは普段生活している中では中々できない貴重な経験でした。 この企画を通して、これまでは気づかなかったコミュニケーション専攻の魅力をたくさん知ることができたし、自分自身の成長にも繋がったと思います。 このサイトが受験生のみなさんの進路選択の手助けに少しでもなってくれたら嬉しいです。 そして、この企画はたくさんの方々の協力があったからこそ完成させることができました。 協力してくださったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

木庭 汐里
この新専攻サイト作成企画で、先生や先輩へのインタビュー、Webのデザインなど、普段の生活のなかでは中々できない貴重な経験をさせていただきました。 時には、慣れない作業や多忙な毎日に苦しみ、悩んだ時もありましたが、これまでの活動がこのWebサイトという形になって、さまざまな人に見て頂くことができ、達成感と感謝の気持ちでいっぱいです。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。 少しでも、コミュニケーション専攻、東京女子大学に興味を持っていただけたら幸いです。

YOUは何しにコミュニケへ? 制作チーム

藤原 侑実
動画作成は初めての経験で、何をすればいいのか手探りの状態でした。慣れない動画編集に効果音やBGM探し。正直これは間に合うのかなと考えたこともありました。しかし、無事お届けできる状態まで仕上げることができてよかったです。この動画の作成に協力してくださった皆様に心より感謝を申し上げます。 「YOUは何しにコミュニケへ?」を見て、少しでもコミュニケーション専攻のことを近くに感じていただければ幸いです。

日髙 笑音
今回新専攻サイトの作成を通して実践的な学びをすることができ、このような機会を与えてくださった渡辺先生にはとても感謝しています。限られた時間の中で取り組まなくてはならないことが多く、苦労もありました。しかし、自分達のアイディアが形になって行くことに喜びとやりがいを感じ、とても楽しかったです。「YOUは何しにコミュニケへ?」の動画では受験生のニーズを読み取り、知りたいことや疑問にたくさん答えています。この動画を見て、興味を持ち、コミュニケーション専攻に入りたいと思ってくれる人が増えたら嬉しいです。

田﨑 真菜美
最初は興味本位で新専攻サイトの作成に参加したのですが、途中で慣れない編集作業によって、心身ともに削られ、逃げ出したくなりました。しかし、動画の撮影にあたり、ご協力いただいた学友や、先輩方のお話を聞いて、新たに興味を持った分野があったり、何気なく見ていた動画やテレビ番組がとてつもない努力と工夫の結果だと実感したりと、苦労以上に多くの貴重な経験をすることができました。 私自身が未熟なゆえに、多くの方や仲間にたくさんの迷惑をかけてしまいましたが、関わってくれた皆さんの支えがなかったら完成しなかったと思います。関わってくれた皆さんに感謝するとともに、このサイトを見て、少しでも多くの人がコミュニケーション専攻に興味を持っていただけることを祈っています。

とんじょWalker 制作チーム

上杉奈々子
もともと趣味だったカフェ巡りがこのような形にできて嬉しいです。 「とんじょWalker」を作るにあたって、自分の時間を削ってお店の方と交渉したり、みんなと会議をしたりとても大変でしたが、とても濃密で、自分はコミュニケーション専攻で良かったなと感じました。 この専攻はやりたいことを形にできる、そんな専攻です。 私たちの作ったものが、少しでも東女生の大学ライフの手助けになればと思います。

本多 優花
先生方やお店の方にインタビューをしたり、その内容をまとめたり、プレゼンをしたり、夜遅くまで何回も何回もProttデザインを作り直したり、と多くの時間と労力を使い、決して楽なものではなかったけれど、普通に大学生活を送っているだけでは経験することのできない貴重な経験をたくさんすることができました。 このサイト作りにかかわってくださったすべての方に感謝です。 自分たちの理想とするページに少しずつ近づいていくことはとても嬉しく、こんなに達成感のある授業は初めてでした!

秋山 栞
授業の一環で自分の興味のあることに挑戦し、実際に形にするということは私が大学に入ってやりたいことでした。 限られた時間の中で仕事を成し遂げなければならない苦労はありましたが、学びながら、1つのものを仲間たちと作りあげる喜びを改めて感じました。 コミュニケーション専攻に入学してよかったと本当に思います。 一緒にこのサイトを作ってくれた友人たちやアドバイスしてくれた渡辺先生にはとても感謝しています。

TOP