渡辺 隆行Takayuki Watanabe

渡辺 隆行

教授 / 情報デザイン・Webアクセシビリティ

高齢者や障害者など多様な利用者を対象に人間中心設計(デザイン)のプロセスを回し、ユーザが抱える問題点を発見してそれを解決することに興味を持って活動している。

E-mail
nabe@lab.twcu.ac.jp
オフィスアワー
金曜4限

自己紹介

2002年4月にコミュニケーション学科の教職免許「情報」を教える教員として赴任しました。

コミュニケーション専攻の科目としては、「コミュニケーション概論II(情報デザイン)」、「アプリ作成入門」、「ユニバーサルデザイン(人間中心設計)」、「Webデザイン」、「Webプログラミング」、「3年次演習」、「4年次演習」を担当しています。

1998年までは原子核・素粒子実験の研究者でしたが、2003年後半からはUniversalなWeb利用に研究の主眼を移し、実証研究をベースに、技術から人・社会に至るまでの幅広い階層で、Webアクセシビリティ向上に結びつく研究・教育・社会活動に取り組んできました。

2016年からはそれに加え、人間中心設計を軸としたアクセシビリティ、ユニバーサルデザイン、ユーザビリティ、ユーザ体験、デザイン思考など、広く情報デザインの活動に取り組んでいます。

渡辺研究室

研究室のテーマ

渡辺研究室は、「人間と情報通信システムのユニバーサルなコミュニケーション」を旗印に、


  • 情報通信機器(をはじめとする身の回りの物)

  • システム・サービスのユニバーサルデザイン(なるべく多くの人が使えるようにデザインすること)

  • ユーザビリティ(使いやすさ)

  • アクセシビリティ(高齢者や障害者なども利用できること)

  • ユーザ体験(嬉しい利用体験)


に関連するテーマ、特にアクセシビリティを中心としたウェブ・デザインに取り組んでいます。

研究の詳細>>

教員から学生へのメッセージ

Webは変身するメディアです。

Webではすべてのデータがネットワークにつながったコンピュータの中にあります。

そして、HTMLなどのマークアップ言語によって、そのデータの意味(Semantics)がマークアップされています。

画面を見ることができるユーザには見やすいフォントとサイズで表示し、音声で聞くユーザには見出しやリンクなどを音声でわかりやすく表示し、ロービジョンのユーザには画面を拡大したり文字色と背景色のコントラストを強調したり見やすい組み合わせに変え、スマートフォンの小さな画面で見ているユーザには横幅を狭くしてレイアウトする、というようなことが自由自在に行えます。

ユーザに合わせて変幻自在に姿を変える能力を持ったメディア、それがWebです。

Webのこの能力を最大限に生かすことで、誰にでも使いやすく、高齢者や障害者やモバイルユーザにも使えるWebを実現できるのです。

Webに限らず、現代社会のモノ・コトに焦点を当てて情報デザインの手法やプロセスを組み合わせることにより、ユーザ自身すら気づいていない問題点を発見し、その解決方法を提案することができるようになります。

ゼミ学生の声


  • 実践的な学びを通して、主体性・協調性が培われる。

  • 日常的に情報収集のアンテナを張る癖ができる(日常の中の気付きが増える)。

  • 日常の中で他人の立場・気持ちになって物事を考えることができるようになる。

  • 情報デザインは私達の生活と密接に関係しているので、身近な体験の中から多くの学習テーマを見つけることができる。

  • 実践的な活動・アウトプットの場が多いので、自分の興味をどんどん広げることができる。

  • 先生の講義に対して生徒自身が一方的に受け身になるのではなく、生徒同士、先生と生徒同士で意見や考えを活発に共有しあえる。

  • 身近にあるユニバーサルデザインについて普段から目を向ける機会が広がり,より使いやすい物の利用方法について考えるようになった。

TOP